建てる倶楽部2017

  • 資料請求

岡山の住宅メーカー・工務店・最新施工例

リビングに居ながらにして、倉敷市街を眺望できるM邸。

敷市街を見渡す高台に立ち、心地良い風が吹きぬけるM邸。
市街地の雑踏での暮らしが長いMさんが、セカンドライフの家として夢見たのは、「空気が良く風と光に恵まれた家」だった。

新居はロケーションを生かした平屋の邸宅。
リビング南に広がるテラスが、フローリングの床と段差なく連なり、深い軒が強い日差しを遮ってくれる。
多少の雨なら窓を開けても吹き込むことがなく、カーテンをしなくても十分プライバシーが守られる。
「リビングと軒下とテラス――内と外がつながって、四季の光があふれ、旧宅では考えられない時間が過ごせています」とご夫妻の顔がほころぶ。

また、家中を構成する自然素材が、くつろぎと癒やしを演出。
構造材・内装・建具にさまざまな種の無垢材を用い、石やタイルと組み合わせてモダンに仕上げた空間デザインが美しい。
特に玄関とリビングに使っている大窪石は住宅に使われることが珍しく、M邸ならではのダイナミックな意匠となっている。

「とてもオシャレだけど、どこか懐かしい雰囲気もあり、私たちの世代がずっと居心地良く、安心して暮らせる家です」という笑顔に、ご夫妻の実りあるセカンドライフが目に浮かぶ。

  • リビングに居ながらにして、倉敷市街を眺望できるM邸。
    リビングに居ながらにして、倉敷市街を眺望できるM邸。
  • キッチン。れんがに似た質感が魅力の炻器(せっき)質タイルを用い、目地の掻き落とし仕上げでナチュラルな風合いに。奥さまお気に入りの器が造り付けの棚に並ぶ。
    キッチン。れんがに似た質感が魅力の炻器(せっき)質タイルを用い、目地の掻き落とし仕上げでナチュラルな風合いに。奥さまお気に入りの器が造り付けの棚に並ぶ。
  • キッチン。れんがに似た質感が魅力の炻器(せっき)質タイルを用い、目地の掻き落とし仕上げでナチュラルな風合いに。奥さまお気に入りの器が造り付けの棚に並ぶ。
    キッチン。れんがに似た質感が魅力の炻器(せっき)質タイルを用い、目地の掻き落とし仕上げでナチュラルな風合いに。奥さまお気に入りの器が造り付けの棚に並ぶ。
  • 温かな光が大開口からテラスへこぼれる。
    温かな光が大開口からテラスへこぼれる。
  • 外壁はそとん壁。防湿に優れ、結露を抑えるので建物が長持ち。
    外壁はそとん壁。防湿に優れ、結露を抑えるので建物が長持ち。
  • 重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
    重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
  • 重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
    重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
  • 重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
    重厚な大窪石の壁と板張りの天井が内と外をつなぐ玄関。玄関土間を広くとり、来客との気軽な談話スペースに。
  • トイレの壁にも自然素材を用い、落ち着く空間に。
    トイレの壁にも自然素材を用い、落ち着く空間に。
  • 間取り図

Owner's voice

倉敷市 Mさん宅
50代 夫婦+子ども1人
澄んだ空気が何より贅沢(ぜいたく)ですし、木の温もり豊か。
高気密・高断熱仕様なので真夏も真冬も快適に過ごせるのがうれしいです(奥さま)。
釣りが趣味。離れとして、念願の自分専用キッチンを造ったので、釣ってきた魚をさばくのが今から楽しみです(ご主人)。

倉敷市 Mさん宅
50代 夫婦+子ども1人