建てる倶楽部2017

  • 資料請求

岡山の住宅メーカー・工務店・最新施工例

ホームシアターが組み込まれた大空間リビング。

両親が暮らしていた実家を放置できないという思いから、移住を決めたMさん。
平屋にロフト付きの住まいという希望があり、おかやま住宅工房を訪ねた。
家への思いや、中山間地域での生活についてなど、様々な背景を伝えた上で、「これらを踏まえた家づくりができるか」と尋ねた。
担当者の「やりましょう」という答えの力強さに、依頼を決心した。

田舎の厳しい冬でも暖かく暮らしたい、というMさんの希望のため、高気密・高断熱でZEHの基準をはるかに超える建物に、強力な暖房器具である薪ストーブを組み合わせた。
また農作業を行った後でも家に泥を入れたくないという要望には、トイレや物入れ、クローゼットを勝手口のすぐ近くに配置し、間取りと動線の工夫で応えた。

ホームオートメーション化もされており、スマートフォンを使って照明・エアコン・テレビ・プロジェクターなどを遠隔操作できる。
外出時の内外気温や来客の様子も記録可能。システムエンジニアであるご主人がシステムを構築したが、「おかやま住宅工房の設計力があってこそこの家に落とし込めた」と語る。

いわば「21世紀の里山の家」。厳しい冬でも快適な暮らしを満喫しているご夫妻であった。

  • ゆったり使いやすいキッチンは料理好きの奥さまのお気に入り。鋳物鍋の重さに耐えられるよう棚は頑丈に。
    ゆったり使いやすいキッチンは料理好きの奥さまのお気に入り。鋳物鍋の重さに耐えられるよう棚は頑丈に。
  • 思い出の詰まった旧家の梁(はり)を玄関に使用。
    思い出の詰まった旧家の梁(はり)を玄関に使用。
  • 漆喰(しっくい)とスギの腰板が景色に映える。目隠し壁の丸窓が印象的。瓦は寒さに強い石州瓦。基礎の立ち上がりはセラミック塗装で美しく。
    漆喰(しっくい)とスギの腰板が景色に映える。
    目隠し壁の丸窓が印象的。瓦は寒さに強い石州瓦。
    基礎の立ち上がりはセラミック塗装で美しく。
  • 2階からリビングを望む。E吹き抜けの大空間リビング。
床には琉球畳を一面に。必ずリビングを通って2階に行けるよう、
リビング階段を設置。
    漆喰(しっくい)とスギの腰板が景色に映える。
    目隠し壁の丸窓が印象的。瓦は寒さに強い石州瓦。
    基礎の立ち上がりはセラミック塗装で美しく。
  • 本焼きの焼き板と漆喰のコントラスト、さらに丸窓や格子(こうし)。和のディテールにこだわりつつモダンにまとめた外観。
    漆喰(しっくい)とスギの腰板が景色に映える。
    目隠し壁の丸窓が印象的。瓦は寒さに強い石州瓦。
    基礎の立ち上がりはセラミック塗装で美しく。
  • ヨツール社製の薪ストーブ。空気の流れを考慮したレイアウト。
    ヨツール社製の薪ストーブ。空気の流れを考慮したレイアウト。
  • リビング床には優しい風合いのサクラの無垢(むく)材、天井にはスギを使用。
    リビング床には優しい風合いのサクラの無垢(むく)材、天井にはスギを使用。
  • 間取り図

Owner's voice

岡山市 Мさん宅
40代 夫婦+子ども2人
田舎暮らしのための家は長く快適に住み続けられるものでなければならないと思います。
その考えを全面的にバックアップしてくれたおかやま住宅工房さんのおかげでいい家ができました。この家で「これからの田舎暮らし」を実現していきます(ご主人)。

岡山市 Мさん宅
40代 夫婦+子ども2人