建てる倶楽部2018

  • 資料請求

岡山の住宅メーカー・工務店・最新施工例

氷点下の冬も寒さ知らず。家中どこでも心地いい、外断熱工法の快適空間。

居は冬の冷気が入り込む築40年の家。秋が終わるたび家づくりに思いを馳せたK夫妻にとって、家は「寒さを忘れて快適に過ごせること」が重要だった。

幹線道路からわずかにそれた住宅街に完成したのは、驚くほど開放感に富んだ住まい。玄関に入ると扉もないままLDKへと続き、高天井のダイニングの奥には庭を見渡す大開口のリビングが広がる。2階に続くのは風通し抜群のスケルトン階段。生活機能を1階に集約した平屋ベースの間取りもとても機能的だ。
しかしこれだけ開放感があると、暖めた空気も逃げやすいのではないか。そう問うと奥さまは「氷点下の日も経験しましたが、室内からは外の寒さが想像もできないくらい暖かいんですよ」と言う。その秘密はSANKOの高気密外断熱工法。躯体を丸ごと包み込んで外の冷気を遮断。暖めた空気を均一に循環させることで家中くまなく快適な空間を実現しているのだ。

「広々使えるこの家なら、大勢の友人を気兼ねなく招けます」とご主人。リビング正面にはウッドデッキ。LDKから庭までひと続きに使える大空間でバーベキューを楽しむ春を、家族で心待ちにしている。

  • モンキーポッドの一枚板で造作されたダイニングテーブル。
    モンキーポッドの一枚板で造作されたダイニングテーブル。
  • LDから庭までを一望するキッチン。
カウンター下にはコップ類や調味料が収まる二ッチも。
    LDから庭までを一望するキッチン。
    カウンター下にはコップ類や調味料が収まる二ッチも。
  • 片流れ屋根の黒壁に、美しくそろえらえた開口が印象的な外観。
    片流れ屋根の黒壁に、美しくそろえらえた開口が印象的な外観。
  • 約4畳分をあてた半土間収納。土間側には靴や工具類、
框(かまち)側には食材・飲料やアウター類を。
    約4畳分をあてた半土間収納。土間側には靴や工具類、
    框(かまち)側には食材・飲料やアウター類を。
  • ひと部屋分ほどある広いウッドデッキは、
バーベキュー好きのご主人の念願。
    ひと部屋分ほどある広いウッドデッキは、
    バーベキュー好きのご主人の念願。
  • 約4畳分をあてた半土間収納。土間側には靴や工具類、
框(かまち)側には食材・飲料やアウター類を。
    約4畳分をあてた半土間収納。土間側には靴や工具類、
    框(かまち)側には食材・飲料やアウター類を。

間取り図

From Builder

赤磐市 Kさん宅 30代 夫婦+子ども2人
外観や室内のデザインももちろん気に入っていますが、何よりうれしいのは冬を恐れずいつでも安心・快適に暮らせること。効率的な動線設計のおかげで、家事の時間的・精神的負担が軽減したことにも感謝していますね(奥さま)。

赤磐市 Kさん宅 30代 夫婦+子ども2人