建てる倶楽部2018

  • 資料請求

岡山の住宅メーカー・工務店・最新施工例

吹き抜け土間の解放感が内と外を緩やかにつなぐ、自然素材の大空間。

関を入ると、明るく清々しい通り土間が来訪者を歓迎してくれるK邸。LDの間に伸びるゆったりとした通り土間は、あえて大開口と高い吹き抜けを設けることで、内と外をゆるやかにつなぎ、家全体を開放感で満たす。
内とも外ともつかない絶妙な塩梅で、家人と客の心をそっと近づけ合わせてくれるようだ。

どこにいても家族の気配が感じられるようにとダイニングキッチンからリビング、和室までひと続きにしたLDKにも、土間同様、良質なスギの木がたっぷり。南側を土間に譲ったことが唯一気がかりだったが、暮らしはじめてみると美しい格子建具を抜け入る陽光に室内は心地よく照らされ、日中、照明に頼ることは一切ない。
それどころか、日中の熱を蓄えた床は翌朝までずっと暖かく、冬の朝もエアコンをつける必要がないことに驚いている。
「床暖房もないのに、ずっと素足で過ごせるんです。スギは蓄熱性が高いとは聞いていましたが、これほどとは」と奥さま。
オープンスタイルのキッチンは使い勝手よく、春が近づいたら、友人を招く機会も増えそう。
子育てに追われる慌ただしい暮らしのなかでも人を招き入れたくなるこの暮らしが、今は楽しくて仕方ないようだ。

  • スギをふんだんに使ったLDK。散らかりがちなおもちゃは
キッチン対面の造作棚に収納して、リビングはいつもすっきり。
    スギをふんだんに使ったLDK。散らかりがちなおもちゃは
    キッチン対面の造作棚に収納して、リビングはいつもすっきり。
  • 外観にはカフェオレカラーをセレクト。
    外観にはカフェオレカラーをセレクト。
  • 2階子ども室は、将来2室に区切ることもできる。
    2階子ども室は、将来2室に区切ることもできる。
  • 庭とLDKの間に伸びる開放的な通り土間。外出時の上着類は、
ダイニング上り口の左右に設けられた収納スペースに。
    庭とLDKの間に伸びる開放的な通り土間。外出時の上着類は、
    ダイニング上り口の左右に設けられた収納スペースに。
  • 土間の珪藻土(けいそうど)壁には家族の似顔絵や
お子さんが描いたガラス絵などをあしらう。
    土間の珪藻土(けいそうど)壁には家族の似顔絵や
    お子さんが描いたガラス絵などをあしらう。
  • 通り土間の先のダイニングは、東南西の光が届く、
家じゅうで一番明るい場所。
    通り土間の先のダイニングは、東南西の光が届く、
    家じゅうで一番明るい場所。
  • 土間の珪藻土(けいそうど)壁には家族の似顔絵や
お子さんが描いたガラス絵などをあしらう。
    土間の珪藻土(けいそうど)壁には家族の似顔絵や
    お子さんが描いたガラス絵などをあしらう。

間取り図

Owners Voice

岡山市 Kさん宅 30代 夫婦+子ども2人
高橋建築さんを選んだのは、木の個性を知り尽くした上での家づくりと細やかなアフターメンテナンス、そして何より、誠実で真面目でこびない社長の人柄にほれ込んだから。環境の良し悪しを敏感に感じ取る子どもたちも、毎日うれしそうに家じゅうを駆け回っています(奥さま)。

岡山市 Kさん宅 30代 夫婦+子ども2人